カテゴリ

カテゴリ:そんぼり

TOS越し

カテゴリ:
はやいもので2016年ももう終わりです。
実家でのんびりしているはずだったんですが、実家はインフルエンザが蔓延していたので見送り・・。
11月頃からはじめたTOSで狩りしてます。

tos
年明けたら2016年の総括みたいのをやりたい・・・。

では良いお年を。 

はじめてのスカイダイビング

カテゴリ:
スカイダイビング1
すげぇ!

地上に降りたときはそれしか言えなかったんですが、とにかく楽しかったです。
ライブ後とかもそうだけど、語彙力低下してそれしか言ってない気がします。

ということで、スカイダイビングしてきました。 

■到着から飛べるまで約1時間ほど
受付・簡単なレクチャーは10分程度で終わりましたが、前にいた3組の順番待ちをしてると大体そのくらいでした。
待ってる間はフリーだけど、まわりには何もないです。
前の組が飛んでるのを見たり、帰ってきた人の興奮度合いを楽しんで待ってました。
上空と通信しているのが聞こえるので飛んだタイミングとかわかるんですが、パラシュート開くまで視認するのは難しかった。

緊張からかトイレが近くなりましたが、なんもないんで近くの草むらです。
女性の方向けにはキャンピングカーが用意されてました。


■いざ上空へ
順番がまわってくると、一緒に飛ぶインストラクターと握手をしてハーネスとかの装備。
徐々に飛ぶんだ、という実感がわいてきて緊張が高まってきます。
その後、ヘリに乗り込んで富士山より高い上空4,000mへ。

スカイダイビング3
ヘリのドアあけっぱなんですよね・・。
初めてのヘリなんですが、そんなのを楽しむ余裕はなく。
徐々に小さくなっていく町をぼんやり眺めたり、入り口から吹き込む冷気を感じてました。

半分地点でインストラクターの膝のうえに移動。
何してるかはあまりわかんなかったですが、ハーネスに色々取り付けられてたんだと思います。


■ジャンプ!
改めてインストラクターと握手を交わして、いざ。
ヘリの縁に座り、1・2・3のタイミングでジャンプ!
後で写真見返すと怖いことしてるなって思いますが、その時はあまり感じなかった気がします。
気がついたら飛んでた。

最初はハーネスを握り・海老反りの姿勢で落ちていきますが姿勢が安定するとインストラクターが肩を叩いてくれるので、両手を広げてよくスカイダイビング写真で見るような姿勢に。

スカイダイビング2
・・・してたはずなんですが、写真みたら理想と全然違うへっぴり腰のへぼい格好してました。
1分間はひたすらに落ちる落ちる。時速200km出てるらしいです。
落ちるって感覚はヘリから飛んですぐになくなり、空気抵抗の衝撃をひたすらに受けてた気がします。
怖いとか楽しいとか思う余裕がなく、衝撃すげぇというので精一杯。

途中でチラっと見えた富士山は一瞬で脳裏に焼きつく綺麗さでした。
やっぱ富士山は別格ですね。
見下ろした見え方だったんで、かなり上空で見たんだと思う。

ある程度落ちたとこでパラシュートが開かれ、空中散歩へ。
急降下したり左右にまわったりして楽しかった。
開いた瞬間は衝撃がなくなり、姿勢もうつぶせから立ちに変わるんですが瞬間的に色々理解が追いつけなかった。
3・4分ほど楽しんで地上へ。
インストラクターと改めて握手を交わし終了。
とりあえずすげぇ!って言ってた気がします。


そんな感じで初めてのスカイダイビングでしたが、また行きたい!って思う楽しさでした。
結構お高いのでホイホイいけるもんではないですが、半年・1年の間には行きたいな。
次回はヘボい格好をなおしたい。

はじめてのバンジージャンプ

カテゴリ:
誰だよこんな遊び考えたの。


rps20161010_113813
猿ヶ京でやってきました。
この温泉街は上杉謙信に由来があるようで、温泉街には毘沙門天の旗が立ってました。

さて、そんなことを楽しむ余裕はなく受付へ。
集合時間に順々に受付をし、体とロープをつなぐためのハーネスを身につけジャンプ台へ。


■ジャンプ台へ
飛ぶ順番を決めて、順々に飛んでいきます。
ジャンプ台のある橋は、周りに太いパイプが走っていて、真下やジャンプしてる人をしっかり見ることができないんですよね。
そんなこともあり、自分の番がきていざジャンプ台にたつまで高さの恐怖ってあまり実感できませんでした。
撮ってもらった写真見返すと、準備してる時も緊張でだいぶ強ばった表情だったんですが、
ジャンプ台に立ったときは一層悲壮感漂う表情してました。
後から見返すとすごい笑えるんですが。


■いざ、ジャンプ
スタッフさんのカウントダウンの早めなスピードは、変な迷いが起きなくてよかった。
残り1って時にやめたいって正直思ったけど。

高台からぴょんと飛び降りるのとは違い、自分の体で空気抵抗感じながら落ちる感覚は初めて。
って記憶しかなく、気がついたらリバウンドで跳ねてました。
リバウンドで落ちるときが結構怖くて、どんだけ落ちるのか・どの方向に落ちるのかとかわからないのは恐怖だった。
周り見る余裕もなかったし。


■戻ってきたら腰抜けた
クレーンで吊されてジャンプ台に戻ると、腰が抜けたようでしっかり立つ感覚がなかなか戻ってこなかった。
生まれたての子鹿のように全くたてないみたいなことはなかったけど。
でも戻ってきたときは堅い表情が抜けてて、いい感じでした。


そんなこんなで、終わった後はせっかくの温泉街なので湯に浸かって帰投。
飛んだだけだけど、すごい疲れた。 

カテゴリ:
気がついたら去年の12月から全然更新してなかった。
とりあえず今年もイベント三昧な日々を送ってます。
近々まとめて更新したい。

今日はこれからミリマス3rdを幕張の劇場でライブビューイング。
尋常じゃなく風が強い。

カテゴリ:
先日話題になった東京駅記念Suica。
限定数千枚の予定が、あまりの反響で発売を中止し、後日希望者全員に販売・・・。
って流れになったのは記憶に新しいところで、早速我が家も申込をしていました。
あのデザインは結構いいですね。

と、申し込んだまではいいですが、申し込んだことを忘れていた今日この頃。
先日、発送に関するメールがきました。

・専用払込票発送予定
2016年2月下旬

・お支払い期限
2016年3月14日

・商品発送予定
2016年3月末まで

へー、2月ね・・・。


2月!?

って感じで見返すとなんと2016年!

だいぶ先になっちゃいました。
覚えてられるかな・・・。

神田明神でお祓い

カテゴリ:
最近仕事でシステム障害が多いので会社の人と神社でお祓いしてきました。
神頼みってどうよってとこは置いといて・・・。

IT系ってどこだろう?って探したところ、神田明神にITお守りがあるとのことなのでここに決定。
これで平穏な日々が過ごせますように・・・。
ラブライブの絵馬とかあったけど、今回はそういうのには目もくれず。

DSC_1016_R
こんなタスキみたいのをかけてお祓いしてもらいました。

■ITお守り
DSC_1018_R
基板っぽいデザイン。
シールタイプ2枚とステッカータイプの3種類が入ってます。

横長のシールはディスプレイに。
CPU型のシールはノートPCに。
ステッカーは社用携帯のカバー裏に。
それぞれ貼りつけました。

これでトラブルが減ること願うばかり・・・。

カテゴリ:
先日NASを構築した矢先、今まで使っていた外付けHDD2機が突然認識しなくなりました。
アクセスしようとすると、「ドライブにアクセスできません」的なメッセージがフォーマットしかできない状態。

両方で5TBの大切なあれこれデータを無条件にぶっ飛ばす訳にはいかないのであれこれ調査。

調べてみると、まずはこれを使ってみよう。と推奨されることの多いソフト。
Searchを行った結果、緑の選択肢が出るとこのソフトで復旧できる可能性があるらしいが、Deep Searchまでかけてもダメでした。

無料試用版をインストールしてみたのはいいけど、使い方がよくわからなかった。

最終手段として紹介されることの多いソフト。
だが、スキャンをかけた瞬間エラーとなりダメ。


はて、困った。 
引き続きソフトを探してみます。

2015年です

カテゴリ:
あけましておめでとうございます。
今年の初詣は西新井大師でした。

DSC_0844_R
終わった後は、出店巡り。
大師焼きとか、玉こんにゃくを堪能してきました。

さて、今年はアイマス10周年ってこともありプロデューサー業に燃える一年になりそうです。

BROMPTONのM3L納車

カテゴリ:
ついに納車されました!

41

色はオレンジ。
店から家まで走って帰りましたが、やっぱり小さいながらも加速いいですね。
まだ折りたたみがスマートにできないんで練習・・・。

カテゴリ:
折りたたみ自転車が欲しい!って前々から考えており、ついに購入に踏み切りました。
できればビアンキのFrettaが欲しかったんですが、時すでに遅し。
生産終了になってたようです。
同型のBD-1はどうだろう、お店に見に行こう!と思い立ち日本橋の自転車屋さんへ。

お店に入って一番に目についたBROMPTONのM3L。
まさに理想系!って感じのコンパクトに折り畳まれた姿に一目惚れしました。
試乗車で区間をぐるっと一回りさせてもらい、小さい車体なのに想像以上の加速力のよさにも感激。
即決で注文してしまいました。
納車は来週予定。

ライト、チェーン、輪行バックとか何が必要か全く考えていなかったので引き取りまでに調査・・・。

このページのトップヘ

見出し画像
×