カテゴリ

カテゴリ:そんぼり

カテゴリ:
ママチャリ9月GPに参加してきました。
前回、春の予選は直前で仕事が入ってしまい参加できなかったので久しぶりのレース。
毎回集まってくれるチームにはありがたい限りです。

ここのところ寝不足だったせいか、自分の番で走りきったら疲れはてて毎回ダウンしてしまってました。
気がついたら荷物のまとめも終わっていて・・・。
あまり手伝えなくてすみません。

かれこれ、初参加から3年経つ我がチームですが毎回のKPT法による振り返りを経て、BBQの設営からレースのシフトまでだいぶスムーズに進行するようになりました。
レース後に温泉にも浸れる余裕ができたのは大きいです。

とはいえ、やることもあらかたやってきたのでチーム内でもマンネリ化の声が聞こえはじめてます。
チームとしてどういう方向に向かっていきたいのか、来年のレースに向けて考えていかないといけないですね。

カテゴリ:
今年も残すところわずか。
最後に紅白でLinked Horizonを見てイェーガーして盛り上がってました。
紅白は司会が色々ぶっこんでいておもしろいですね。

さて、今年のブログを読み返しながら振り返ろうと思ったら、日記は中途半端だし、あれこれ色々手を出していたようで何がしたいのかよくわかんない感じじ。
来年は何かまとまったものに対して突っ走り、何かを残せるようにしたいと思います。
それでは2014年で。

ニッポン全国物産展

カテゴリ:
池袋のサンシャインシティに行ってきました。
3つくらいのホールを使って、全国各都道府県のブースが並んでました。
南は沖縄から北は北海道まで、その場でつまめそうなものを食いまくってました。

53
沖縄のもずく天ぷら
もずく酢をかけていただきます。

37
黒豚角煮まん
とろっとろの角煮がたまらんです。


と、写真はこんだけで、あとは目につくものをひたすら食い続けてました。


奥の方ではニッポンイチのおやつを決めるグランプリなるもののやってたみたいです。
ちょうど自分がついた頃が投票終了間際で、どのブースでも試食の大盤振る舞い。
半分以上のお店のおやつを試食させていただきました。


そんなこんなで食べ歩き、試食つまみ食いばっかりしてたらお土産を買うのを忘れていつの間にか会場を離脱。
入り口でもらった紙袋だけが手元に残りましたとさ。



■番外編
16
夜、北の家族で友人が注文したガリガリサワー。
そのまんまです。

カテゴリ:
先月、よし今月からまた頑張ってブログ書くぞーと思ったっきり。
一ヶ月が過ぎてしましました。

あはは。 

薄いノートセットアップ

カテゴリ:
24
薄い財布と一緒に買った薄いメモ帳。
GALAXY Note 2でメモとってたんだけど、文量が多くなると電子で書くのに限界かなって気がしてきたんでサイズのいいものを探してました。
A4、1枚を折りたたんで使うというアイディアが面白くて購入。

25
表には名刺を入れられるポケットがついてます。
ここに補充用の紙を入れられないかなって思ったけど、そんなものじゃなかった。
付属のペンでノートのカバーをホールドしてます。

57
開くと、予めたたんであるサンプルの用紙が。
使う番号が振られています。

31
さっそく差し替えてセットアップ完了!
使うのが楽しみ。

薄い財布に移行

カテゴリ:
17-1
先日購入した薄い財布。
早速、今の財布から移行してみました。

■構造は至ってシンプル
26
左から
・小銭入れ
 15枚まで入ります。
・カード入れ
 5枚まで入ります。
・お札入れ
 コツを掴むまでお札をしまったり取り出したりするのに苦労しそう。

■早速お金を入れてみる
38
小銭は14枚、お札は10枚近く入れてみました。

52
小銭を斜めに入れるのがポイントらしい。
たしかに綺麗に収まる。


■今までのお財布と比べてみる
44
更にカードを5枚入れた状態で今まで使っていた財布と厚さを比べてみても一目瞭然で薄い。


■財布の中が綺麗にならざるを得ない最小限構成
見るからにレシートなんて貯める余裕がないことは明らか。
おかげさまで、今まではたまり気味だったレシートはもらった側からスマホで小遣い帳に記入してぽいってする習慣がついた。
クーポンもどうせ使わないやってぽいぽい。
常に財布の中は綺麗です。
いい買い物したなー。

さて、買った直後の使用感としては慣れが必要だけど満足。
しばらく使ってみてまた感想を書きたいと思います。

カテゴリ:
NECのLavie Zを買ってから、薄型・軽量をとっても意識してます。
そんな中、これすげぇ!ってものがあったので早速飛びついてみました。
今回注目したのはabrAsusの薄いシリーズ。

■現物が見たかったので店舗で購入
ネットだったらあっちこっちで買えるんだけど、現物見ないで買うのはこわかったので実店舗で取り扱ってるとこを探してみたがなかなかない。

・SUPER CLASSIC
 作成元。すべてのプロダクトに触れられるギャラリー&ストアが特定日のみオープン。
 日程は下記で確認。
 http://superclassic.jp/user_data/gallery.php

・高島屋
 今回は日が合わかなったので日本橋の高島屋で購入。
 1Fの紳士洋品エリアにありました。
 店員さんに聞くと、結構ネット見てくる人多いらしいです。


薄い財布と薄いメモ帳を購入。
が、この薄い財布はほんとに薄い。
多数のカードが挟まれた今の財布から果たして移行できるのか?!

ママチャリで富士スピードウェイを走る!

カテゴリ:
第六回ママチャリ日本グランプリに出場してきました。
富士スピードウェイのレーシングコースをママチャリで7時間耐久で走るというもの。
会社の人が昨年行った話を身内にしたら、即答でやろうぜ!というノリになって参加。
普段レーシングカーが疾走しているコースをママチャリで走れるなんて素敵じゃない。
こんな企画に付き合ってくれる仲間に感謝。
次もがんばろー。


当日のタイムライン
■3時 現地着。既に出遅れ感。
車検の始まる3時に合わせて現地到着。
24
中では駐車場入場の列ができてました。
入った駐車場はP7。
BBQエリアに指定されていたAパドックまで物資を運ぶために何往復もすることになるとは思ってなかった。
いい場所は既に他のチームに占拠されており、ようやく確保したエリアもスタッフにかけあって許可をもらった通路という。
既にレースはこの前からスタートしていた!
この時点で体はボロボロ。

■6時 火器の使用許可
豚汁調理開始。
コンロもっていったけどなかなか沸かないなぁ。

■7時 ラジオ対応 〜 出走準備


■8時 スタート
30
出走1分前から響き渡るママチャリのベルの音。
7時間耐久レースの始まり始まりー。
ガチなチームから、コスプレやらデコレーションしたママチャリで観客を楽しませてくれるチームまで多数あります。

■10時 1周目完走。やっぱろ上りはきつい
交代の関係でレース開始から自分の番が回ってくるまで1時間以上ベースで待機。
豚汁うめぇ。
大体15分くらいで1周できた。
やっぱり無段に坂はつらく、ダンロップコーナーから続く上り坂は歩くことに。
歩いて、ゆるいところは乗って、歩いて・・・の繰り返し。
アドバンコーナー前の軽い上り坂でも歩きかけたこのヘタレ。
ヒッキーには辛いぜ。

怪我を心配していた第一コーナーからの下り坂は、そもそもこいでもスカるだけなので重力に任せるまま。
車間も十分にあいてたので事故る心配をすることもなく通過できた。
でも救急車が数台待機していたことを考えると、接触とか段付きでスピードが出るママチャリだとすっころんだらやばそう。

■13時 だんだん風が出てきた
第一コーナーからの下り坂で強風にあおられ全然下りでもスピードがでない。
真正面から受ける感じだったから転倒とかは心配なかったなぁ。

夜間ほとんど寝ることなくテント設営とかを行なっていたので、走ってない待機時間は寝て食って寝て食ってを繰り返し。
だんだん風が強くなってきて、風上にテントの入り口が向いているチームはテントがちょっと飛ばされたりしてた。

41

かかってた雲もふっとばされて富士山がめっちゃ綺麗だった。

14時くらいから撤収準備を開始。

■15時 7時間耐久レース終了!おつかれさまでしたー
55
長かったようで短かった耐久レース終了!
レース後、我々が必死こいて走ったコースをフォーミュラーが爆走します。
早いのはもちろん、音もすげぇ!

トロフィーもらって撤収です。

■17時 撤収
富士スピードウェイ離脱。
みんな同じくらいにわーっと出て行くので、御殿場のインターまでずっとトロトロ進んでました。
私はぐったり、車の中で寝てましたとさ。

カテゴリ:
先ほどまで大晦日早朝からずっと会社に詰めていました。
年末リリースとかやめようぜ!

さて、今年もよろしくお願いします。


去年で書ききれていない記事がまだまだEvernoteに溜まっている・・・。

南北線市ヶ谷駅で江戸城の石垣を見る

カテゴリ:
日経より。
東京メトロ南北線市ケ谷駅の連絡通路を歩くと、高さ 約3メートルに積まれた石の固まりが目に入る。国指定 史跡「江戸城外堀跡」の石垣で、同線建設工事の際に出土した。
出かけるついでに市ヶ谷駅行ってみてきました。
書いてあるとおり、南北線方面に歩いていけば小さい江戸歴史散歩コーナーがあります。

江戸歴史散歩コーナー (3)

江戸歴史散歩コーナー (4)

江戸歴史散歩コーナー (7)

そういえば江戸城として皇居周辺をみたことなかったな。
落ち着いたら見に行こ。

このページのトップヘ

見出し画像
×