タグ

タグ:SoftBank

久しぶりのiOS

カテゴリ:
今年初めてのモバイルはiPhone6になりました。
Androidだけで過ごしたかったんですが、仕事ではiOSの話題にも多いので持っておこうと。
DSC_0848_R

■キャリアはSoftbank
au複数回線もっても仕方ないし、docomoは高いしなーってことで消去法でSoftbankに。
SoftBankはTポイントカードと連携していて、このポイントがたまるようでしたが店頭の機材が壊れていて連携できず。
後日ショップに行ってくれとのこと。

■プランはホワイトプラン
SoftBankはまだホワイトプランの申込できるとのことでこちらにしました。
通話料安めで毎月7GBの通信量が使えます。
翌月に余った分を繰り越せないのが難点ですがサブ用途なので特に気にしない。

■早速いらないオプション解約・変更
・UULA
MySoftBankのページでは解約できず、UULAのページで解約が必要。
解約時のアンケートに記入しないと先に進めないのがむかつく。

・Smart TV
解約料で\4,500くらいとられます。
2年間使わないと、通常の解約料1万円プラスこれなので、ゴミを押しつけられ、かつ金を巻き上げられるという。

・快適モード
データ通信量の7GBを越えたときに自動的に2GBを追加してくれるモード。
契約時は自動的にこれがONなので、自分で制限モードに変更する必要があります。
MySoftBankのページは実に不親切。
なかなか変更画面にたどり着けなかった。
「データの状況を確認・変更」の画面にようやく「ご利用モードの設定」項目を発見。

どのキャリアもそうだけど、いらんオプションの解約が面倒すぎる。

さて、こんな感じで初期設定があらかた完了。
次はアプリのインストールかな。

カテゴリ:
毎日半蔵門線を利用しているんですが便利になりますね。
これってトンネル内で通話はできるのか?
プレスの内容を見る限りデータ通信だけっぽい感じですが、どうなんでしょう。
自分は電話自体ほとんどかけないんで関係ないんですが・・・。
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、イー・アクセス株式会社は、携帯電話のサービスエリア品質の改善を目的に共同でエリア整備を進めていますが、既に一部区間でサービスを提供している東京メトロ千代田線および半蔵門線において携帯電話サービスのエリアを拡大します。
このたびのエリアの拡大により、千代田線、半蔵門線の全区間でサービスをご利用いただけるようになります。 該当区間においては駅構内だけではなく、各駅間のトンネル内においても携帯電話によるインターネット接続およびEメールの送受信が可能です。
■参考
東京メトロ一部路線における携帯電話のサービスエリア拡大について

カテゴリ:
これで旅行先でも使える確率が各段にアップしますね。 イーモバイル回線しかもってないんで仲間内で旅行に行ったら、自分だけ圏外ってのもよくあるし。 なにより会社が半地下なんですが、これもイーモバイルだけ圏外という不便を常日頃感じているのが解消されるのがデカいです。 料金がどうなるんだろうか気になるとこ。 ほしいけど、980円よりかかるならいらないかなって感じ。
「STREAM X(ストリーム エックス)(GL07S)」を、ソフトバンクモバイル株式会社の3Gサービスエリアに対応させます。これにより「STREAM X(ストリーム エックス)(GL07S)」では、「EMOBILE通信サービス」の提供エリアに加えて、ソフトバンクモバイル3Gサービスエリア(全国人口カバー率*99.99%)でも利用可能となります。
■関連リンク
LTE対応ハイエンド・スマートフォン「STREAM X(GL07S)」が SoftBank 3Gエリアでも利用可能に

カテゴリ:
9月にAndroid2.3のアップデートが発表されましたね。
AUのISシリーズと同時期になりそうなので、冬モデル発表会の時に孫社長が言ってた最新OSによる差別化という言葉はどこにいったんだろうという疑問もありますが。
まずはIS01の二の鉄を踏むことがなさそうで安心しました。
2.3になることで特に大きな変化はなさそうですが、個人的に期待しているポイント

■2.3に期待すること
・コピペ機能の改善
・処理速度の向上

■ソフトウェアの改善で期待すること
・タスクの一括一括終了ボタン
・再起動ボタン
・ロック画面の通知機能

■期待してないけど改善しろ
・WI-FIエラー
・通話の強制終了

こんなところでしょうか。
7月、緊急地震速報に対応するみたいなのでその際にソフトウェアのアップデートが入るんじゃないかという淡い期待もしてます。

2.1や2.2でもHTCやサムソンは使いやすいコピペ機能が用意されてるみたいですね。
余計なカスタマイズする前にこういうところに目をつけてほしいものです。
目の付け所がシャープ過ぎて眼中に入らないんでしょうか。

カテゴリ:
先日ソフトバンクショップで003SHの機能制限を解除してもらってきました。
これで、SIMを挿さなくてもワンセグなどが使えるハズ。
時間はかかりましたが特に手数料はかかりませんでした。

■解除の手順
1,ソフトバンクショップのカウンターで機能制限解除の旨を伝える
2,免許証などの本人確認ができるものを持っていく
3,端末の識別ナンバーをバーコードリーダーでスキャン
4,解除用のQRコード発行
5,ショップに展示してある機体とSIMを交換し、バーコードリーダーでQRコードをスキャン
6,解除完了。差し替えたSIMを自分のモノに戻して終了。

※注意点
・秋葉原などコアなユーザーが集まりそうな店舗を除き、機能制限解除そのものを知っている店員が少なそう。
 私の場合、作業が始まればすぐだったが店員がマニュアル探したり、手順を把握するまで大分時間がかかった。
・店員の電池蓋を開ける手つきが危うかったので、傷つけられたくない人は自分で開けたほうがよさげ。
・SIMをかえるとGoogleアカウントのパスワードがクリアされるみたいなので作業終了後に入力が必要。

カテゴリ:
何気なくSoftBankのマイページを見たら今月のパケット代が305,000円になってました。
約3,800,000パケットですね。
前月が約500,000万なのでペースがおかしいです。
今、パケットし放題MAXなので712.5万パケットを超えると5,985円になってしまいます。
それどころか、通信制限対象の1,000万パケットにも到達してしまうんじゃないかという恐れが。

要因を考えてみましたが2つくらいしか思い浮かびません
1,003SHをオールリセットしてからアプリを40個くらい入れた
2,GALAPAGOS APPで無料雑誌をあらかたダウンロードしたり、試し読みを数十冊した

1パケット128バイトで考えたら約486MBなので、全部3G通信でやったらそのくらい行くかも・・。
10MBとか20MBのアプリもたまにありますしね。
WIFIを駆使して3G通信を減らさなくては。

カテゴリ:
3月10日から提供されるSoftBankのムービーLIFEが楽しみです。
月額490円で映画が見放題。
持っててよかった003SH。
どんなタイトルが配信されるかわかりませんが、人気・話題のと言ってるのでそれなりに有名な作品が見れるんじゃないでしょうか。
映画館に行くのも面倒だし、近所にレンタルショップもないので普段あまり映画を見てないのですが、この機にいっぱい見れるといいなと期待してます。

SoftBank スマートフォン向け新サービス ムービーライフ・コミックライフ

ストリーミングしすぎるとパケットし放題MAXの上限に達してしまうので、Wifi環境のあるときにダウンロードしまくっておくのがよさそうですね。
4月に提供されるコミックLIFEはイマイチ内容が掴めないのでまだなんとも言えないところです。

カテゴリ:
ホーム画面の強制終了が多くなってきた003SHを初期化しました。
設定>プライバシー>オールリセットで初期状態に戻せます。

気がついた点は
1,アップデートしたソフトウェアは戻らない
2,プリインストールされたゲームなどは消える

余計なものがなくなったおかげか、快適にサクサク動いてくれるようになりました。
インストールするソフトを厳選するのが面白いですね。

カテゴリ:
2月上旬に003SHのソフトウェアアップデートが入るみたいです。
・電池持続時間
・通話品質改善

よく使う日は、昼に電池切れという日も月に数回あります。
初期のXPERIAを思い出しますね。
配信が待ち遠しいです。

カテゴリ:
今日、ソフトウェアの更新が配信されたました。
ソフトバンクモバイルは、Android 2.2搭載のスマートフォン「GALAPAGOS 003SH」について、終話操作を改善するソフトウェア更新の提供を開始した。
ソフトバンク、「GALAPAGOS 003SH」の終話操作を改善(ケータイWatch)
ダウンロードから更新まで約10分くらい。
またアップデート後に再起動が入りますが立ち上がるまで長めに時間がかかりました。
購入してからまだ数回しか電話で話していませんが確かに終話の時の操作が面倒だったかも。
こんな感じで定期的にアップデートがかかってくれることを願っております。

このページのトップヘ

見出し画像
×